防火対象物点検を行なっていきましょう~シッカリ点検しYO~

ビル

アスファルト舗装

不動産

避雷針工事だけでは雷は防げない

避雷針工事は、通信施設や工場、大きなビルなどには欠かすことのできない工事です。ただ、避雷針工事を行って避雷針を取り付けるだけでは雷対策にはなっていません。雷対策を推進している企業は、避雷針を取り付けると同時に避雷器や水平導体などを組み合わせることにより建物全体を内外から防護しておくことで初めて避雷針設置工事も完全に意味のあるものとして扱っています。こうした建物全体を雷から防護するシステムは、現在はごく一般的な考え方として定着しています。避雷針をつけたからといって雷が落ちないとは保証されていませんので、取り付ける企業と依頼する企業とが共同で協力する必要があります。こうすることでより確実な雷対策を行えることになるのです。

費用と現在の取り組み方について

避雷針工事を行うにあたっての大体の期間は1週間から2週間程度です。専門の資格を有している人たちにより行っています。費用については設置する建物の規模によります。マンションの避雷針程度の小規模のものだと40万円くらいが目安となり、大規模プラントの避雷針工事の場合の費用は大体400万円ほどとなっています。避雷針を設置した後も様々な理由により修理を必要とすることがありますので、その場合の期間と費用は1日ほどかけて5万円ほどが目安となります。避雷針または雷防護システムの設置、点検、修理を定期的に行い常に雷対策に目を光らせておくことが大事なこととなります。避雷針工事専門の見積もりサービスなどもありますので、業者を選ぶときには参考にします。

防火対象物点検

防火対象物点検は火災が起きた際にスムーズに安全を確保するために必要な点検作業です。近年は痛ましい火災事故が多いこともあり、多くの人が防火対象物点検を積極的に行っています。火災は落雷などの影響によってもおきるものです。対策を行っていきましょう。

積極的に利用する

作業員

毎月の電気料を制限管理して抑えるシステムのことを「デマンドコントロール」といいます。デマンドコントロールを行っている企業は多く、使用する電気料が多くなる夏期は、大幅な経費削減を図ることができます。

View Detail

アスファルト舗装

案内

アスファルト舗装の存在は日常生活の中では非常に重要なものです。アスファルトは丈夫なものですが時にはひび割れが生じます。ひび割れの原因は様々なものがあります。早急に改善しましょう。

View Detail

舗装の注意点

ビル

室外工事のアスファルト舗装を行なう場合はいくつかの注意点が存在していることを理解しましょう。確かな実績がある業者を選ぶことでこの注意点をクリアして、アスファルト舗装をスムーズに進めていきましょう。

View Detail