防火対象物点検を行なっていきましょう~シッカリ点検しYO~

作業員

積極的に利用する

作業員

デマンドコントロールを積極的に利用しよう。

現代社会は電気に大きな依存をしており、電気無しでの生活は成立しないまでになっています。そんな中で電気料金の家計(企業であれば支出)全体に占める割合は、常に高い比率となっております。その電気使用量を制限管理することで、毎月の支払いを減らすことを目的として開発されたのが「デマンドコントロール」 と言います。デマンドコントロールは、管理システムの機器を備え付けることから始まり、一日を30分単位で電気使用量を計測し、目標値を越える(あるいは迫る)事態になると、警告音やメール連絡などにて目標値を越える状態であることを連絡するシステムです。各地域の電力会社もしくは最近では専門業者も多く設立されているので、確認されることをお勧めします。

恩恵を受けるのは誰か。

このデマンドコントロールによって恩恵を受けることができるのは、まず企業の経営者です。大震災や近年の猛暑などで電気発電量が著しく低下する状況が度々発生したこともあり、企業にとっては電気料金と言うものは支払いの大きなウェイトを占めいています。デマンドコントロールを活用する事により、着実に使用量は減り、支払い額も降下していきます。これは家計を預かる者にとっても同じことが言えます。最初の設置費用は少なからず必要となりますが、長期的に見ていくとお得になっていきます。費用的な面だけでなく、意図的に電気使用を減らすことでエコな環境、社会を作り上げる機運をも助成していく効果も期待されています。このシステムが普及すれば、小さな電気削減が地球の環境に与える影響なども考える機会になるかもしれません。